PTAの役員が生活や子どもたちに与える影響は大きいものです

小学校

現在小学校4年生と幼稚園年中の子どもがいます。子どもは来年は2人とも高学年になるということで、PTA役員の仕事が回ってくる可能性の高い時期になりました。小学校に関しては今年度子ども会の方で役員をしていたのですが、それ以外にも学年の役員や地区の役員などが多数あることから今後も当たる可能性はあります。

地区の役員である子ども会や地区委員は特定の学年の保護者から選ぶというシステムになっているのですが、学年によって子どもの人数に偏りがあることからある学年では一度も役員に当たらない人もいれば毎回役員に当たってしまう人もいます。

私の地区では基本一度も当たったことのない人から優先で役をすることになっているのですが、小学校4年生の学年には私の子どもを入れて2人しかいないということから自動的に2人がなる子ども会の役員と地区委員は当たることになります。

さらに現在幼稚園年長の子どもの学年も数人しかいないということで、引っ越しがあったり諸事情で役員が出来ないという場合には2度目の役員が回ってくる可能性もあります。現在の役員のシステムは同じ役員は3年間ならないというものにとどまっていて、子どもは5学年離れているということで再び同じ役職をする可能性は高い状態です。

役員だけでなく四役にあたるとさらに大変

地区の役員だけでも大変なのですが、学年の役員やPTA会長や副会長書記会計といったいわゆる四役も当たる確率はとても高くなっています。子どもの人数が比較的少ない学校であることから当然ながら当たる確率が高い上、四役候補となる保護者は地区で選ぶということからいずれは四役をやらなければいけない可能性も高いです。

子どもの学校ではPTAの役員の会議は夜7時以降に行われるということで、中には子どもを連れて出席する人もいます。会議は内容によっては夜の9時を過ぎることもあるようで、回数は月に数回であるものの子どもたちには何かしらよくない影響をもたらすのではと思っています。

こう考えてみるとPTA役員はなった人の負担はかなり重いです。今仕事をしている人は収入が減ったりあるいは休まなければいけない日が増えて解雇になったという話も聞きますし、家庭でも夜に頻繁に家を空けるということで夫から不満が出たり子どもたちの食事がおろそかになってしまったりすることもあるようです。

こうなってくると一体子どものためのPTAのはずが子どもに害を与えかねないと思ってしまいます。あと少しで時代も新たになりますが、それを機にPTAも大幅に見直しができるといいと思っています。

最近フライパンでお手軽すき焼きを作って食べています

すき焼き

毎年正月に夫の実家に挨拶に行くと、親戚一同ですき焼きをするのが慣習になっています。リッチなお宅が多いので、高級和牛を使い贅沢なすき焼き。ただ、使う道具は割と安物ばかり。

特に、人数が多くてすき焼き鍋が足りず、最終的にフライパンまで使ってすき焼きするんです。さて、そんな安物道具を使ったすき焼き、実は我が家も今年に入って真似してやるようになりました。以前はすき焼きというと、高級和牛を使い、材料もセオリー通り揃えて、きちんとやらないといけないという先入観があったのです。

しかし、親戚宅のすき焼き新年会が年々手抜きになっていくのを見て、これは我が家でも案外簡単にできるんじゃないかと思うようになりまして。そして自分の家でやる場合は、なにも高級和牛を使わなくてもいいんですし。

ということで、海外産の安い牛薄切り肉を買ってきて、他も安い材料のみを揃えて、フライパンですき焼き作ってみました。卓上コンロすら使わず、キッチンのガスコンロで普通のお料理同様に作ります。牛脂も使わず、肉をサラダ油でサッと炒めて、そこに割下ならぬめんつゆ・みりん・水を加えて煮立たせます。

安い野菜や豆腐・しらたきなどを適当に投入し、全体的に火が通ったら完成。それをそのままテーブルに持ってって、鍋敷きしいてフライパンを置いて、みんなでつまんで食べるという、手抜ききわまりないすき焼きです。でもこれがまずまず美味しかったんですよ。なんだ、すき焼きって簡単に作っても大丈夫だったんですね。

子どもも「正月に食べたのと同じだ」と言って喜んでガツガツ食べていました。おそらく値段は半分以下で作ったであろう、安物のすき焼きなのにw

卓上コンロを使わないので、具材の追加はせずに食べきりですが、1回で食べきれるちょうどいい量で、食べ飽きたり、残りを翌日食べるなんてこともしなくて済んでいいですよ。お金かけるすき焼きって、ついつい材料を多く揃えてしまい、残って翌日ウンザリしながら食べる・・・なんてことになりがちですから。

安い肉を使う際は、ちょっと長めに煮込むのがコツ。高級和牛は、サッと火が通る程度にしておいたほうが柔らかくジューシーですが、安物の肉はまず火をしっかり通さないと危ないし、よく火を通した方が柔らくなって味もしっかりしみて美味しくなります。

なので、肉を炒めて調味料を加えたら、肉だけで先に煮込んでおいたほうがいいかも。野菜はそんなに煮えるのに時間かからないので、肉がしっかり煮えてから加えれば十分です。安物すき焼きなら、週一ペースぐらいでも食べられる、かも。

長時間歩いて映画館へ行った翌日から腰痛で苦しむことになった

腰痛

私は先日、映画を観に行くために電車に乗りました。途中で朝から何も飲み食いしていなかったことを思い出しコンビニで朝食として蒸しパンとカフェオレを買い、それを電車の中で食べます。蒸しパンはクルミ入りのものでほのかに甘く、カフェオレも美味しくて良い朝食になりました。

駅についたらそこから映画館までひたすら歩きます。バスでも行けるのですがお金を節約するために長靴で歩いて行ったのですが、ちらちらと雪が舞っていました。その程度なら傘をささなくて良かったので雨じゃなくて本当に良かったです。そして映画館についた時は駅から出発して50分も経っていたのでかなり歩いたなと感心しました。

映画館で見たかった映画のチケットを買うとなんともう始まっているとのことでどうしようかと思いましたが、広告が8分あると言うのでそれなら大丈夫かとトイレに寄ってから自分の席についたら丁度始まるところだったので良かったです。

映画は「Fate/stay night ヘブンズフィール」というもので、三部作の二作目だったのですが巨大な怪獣みたいな派手なバトルと主人公とヒロインが心を通わせるところが素晴らしくて観に行って良かったと思いました。三部作の完結編は来年の春とのことなので、その時はできれば公開日に観に行きたいと思います。

映画を観終えた後はもうひとつの目的である床屋に行きました。初めて行くお店で大型商業施設の中にあり、税込み1080円のところなのですが一体どんなものかと思ったら狭くて髪を洗う設備がないところです。でもそれだけに15分ぐらいで終わったのが楽でまた行きたいと思いました。

そして帰りは昼食をどうしようか考えていたのですが、屋台があったのでそこで大判焼きを買って食べながら駅に向かいます。駅につくと次の電車までまだ時間があると思っていたのですが、ちょうど地元に向かうものがあったので待たずに帰れてほっとしました。いやまったく良いお出かけだったと思ったのですが、なんとその翌日に朝起きたら腰痛がひどくて驚きます。

原因は前日に長時間歩いたことぐらいしか思いつかなかったのですが、そこまでひどい腰痛は今までになくて辛かったです。立つのも一苦労でおじいちゃんのように中腰で歩いて家族に笑われました。

でも大人しく家の中で過ごしていた結果、日々良くなって行き今日になってようやく痛みを感じなくなってほっとします。大体5日ぐらいかかったでしょうか。辛かったですが逆に体をゆっくり休める良い機会になったと思います。

技術を磨き、強い精神力や語学力も身につくスポーツ留学のすすめ

サッカー

サッカーや野球など、誰もが知っているスポーツもあれば、ほとんど認知されていないスポーツもある中、海外で活躍する選手も増えました。選手たちの活躍を望む一方、なかなか現地に応援に行けないことが残念で仕方ありません。

スポーツの「プロになりたい、技術を磨きたい」と思っている中学生や高校生が、じっくり腰を据えて学業とトレーニングに励むスポーツ留学があります。留学の対象となるスポーツには、錦織圭選手のテニスや、福原愛選手の卓球のほか、ゴルフ、サッカー、バスケット、野球、ラグビー、アイスホッケーなどがあります。

留学先は、錦織圭選手のアメリカや、福原愛選手の中国のほか、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど、スポーツによって異なります。留学できる年齢は、ゴルフが11歳から、テニスやサッカーが12歳から、バスケットや野球が13歳からなど、スポーツによって異なります。留学期間は1年以上です。

スポーツ留学には、整った練習環境があることや、コーチ、生徒、地元の人々などのスポーツに対する意識の高さなどのほか、いくつかのメリットがあります。日本と異なった環境での生活による戸惑いや、言葉、食事など、困った全ての経験が自分を成長させてくれる一因になります。

朝から晩まで24時間英語漬けの海外生活をすることによって、コミュニケーションに自信が持てるようになります。海外の文化や、考え方、風習を受け入れ、自分の意見が言えるような力がついてくると、些細なことでは動じない強い精神力が身につくようになります。

仲介業者によって異なる、スポーツ留学のサポートには、出発前のオリエンテーションや、空港送迎、現地での日本人スタッフによるサポート、留学後の交流会などがあります。

スポーツ留学はサッカーが人気

スポーツ留学の中でも、日本でもとても人気がある、サッカー留学を取り上げます。ドイツや、スペイン、イギリス、イタリア、ブラジル、オーストラリアなどに留学できる、サッカー留学の目的は、サッカー技術の向上と、語学力、異文化の交流です。

サッカーが趣味の人、プロのサッカー選手を目指す人、指導者を目指す人など、目的に合わせたプログラムがあります。主なプログラムには、技術力を身につけるスキルアップコース、海外でプロ選手を目指すプロ契約コースなどがあります。

ドイツやスペインなどのサッカー先進国での留学は、レベルの高いトレーニングを経験することによって、技術に加え、より頑強な精神力が身につきます。サッカー留学は、同じ目的を持った仲間ができ、切磋琢磨しながら、技術が身につきます。さらに、トレーニングだけではなく、本場の語学力が身につくため、海外でのコミュニケーション能力も同時に養うことができます。

サッカー留学のメリットがある一方、激しいトレーニングの疲れが取れず、学業についていけない、サッカーへのモチベーションを失ってしまうなどのデメリットがあります。語学力が身につかず、監督やチームメイトとのコミュニケーションが取れなくなると、活躍できなくなってしまうこともあります。

スポーツ留学には、本格的なアスリートを目指すプランと、サマーキャンプなどの短期体験型プランがあり、どちらがふさわしいのか見極めることが大切です。「スポーツ留学」という新たなチャレンジを取り入れ、世界で活躍する子どもの成長を見守ることができれば、大きな楽しみになるかもしれません。また、成長した現在のジュニア世代が、日本代表選手に選ばれ、2020年の東京オリンピックで活躍してくれることをとても楽しみにしています。

最近のお天気は何だかダイナミックというか困ったものです

天気

なんだか地球規模で天候が大きく変化するようになって久しい気がします。日本は四季があり、春にはおだやかに「春はあけぼの」というような優しい春らしい雰囲気が訪れて、夏には暑いけれども蝉の声に風情を感じるという余裕があり、秋になれば山々の紅葉が少しずつ裾野から染まっていき、冬はしんしんと降る雪が暖かい室内で雪見障子から眺めるというような感じでした。

四季それぞれの違いがあり、日本人には春夏秋冬が順に移っていくことが「時」の移ろいを五感で感じられ、幼いころからそうした環境で育つことで感性も育っていくというものでした。ところが、ここのところ昔からの穏やかな季節の移ろいが無くなって、とても強いインパクトのある変化が季節のところどころに現れるようになっています。

蚊も出没できないくらいの猛暑、酷暑でたくさんの人が亡くなったり、冬なのになんだろうこの暖かさはと驚いたり、自然はどうしたらいいのか困っているようで、狂い咲きのようなものが見られます。我が家はリビングが南に面しているのでお天気の良い日は太陽光が差し込んで、お昼は暖房要らずで助かりますが、夏には暑さで辟易します。

日本だけでなく海外でもいろんな天候の激変で、災害があることをニュースでよく目にします。お天気は自然の為せる業なので、人間ななんとも抵抗できないのでしょうが、中国や韓国では排ガスで空気が汚れてたいへんだということです。そう言えば、日本も昔は空がどんよりするような排ガスのひどい時期がありました。でも、今はそんなことも無くなっています。

東京は都知事が石原さんのときに、都内の空気の汚れに業を煮やして記者会見をして真っ黒な煤を記者たちに見せてこんなものはもう都内から無くそうと思うと言って、汚い排ガスを輩出するような自動車は東京都を通れないようにすると息まいていたような気がします。

それまでは、自動車の後ろから灰色の排ガスが出ているようなのをけっこう見かけたのですが、今ではそんな自動車はほとんど目にしません。リーダーの英断は大事だと思い出します。排ガスはすっかり減ったようですが、まだタバコの灰を道路に落としながら運転している自動車は見かけることがあります。

あれもなんとかなるといいなと思います。観光で日本に来る外国人も増えているので、日本人としてお行儀の良いところを見てもらって、観光中には日本の大切な神社仏閣など大事な文化遺産を汚したりしないようにしてほしいと思います。

適度のストレスは充実した老後の生活のための大切なエッセンス

パソコン

私は3年程前に63歳で退職し、現在は60歳になる妻と二人でのんびりとした日々を過ごしています。元々はサラリーマンという仕事がそれ程好きではなかった私は、在職中には毎日のように退職後の生活を夢に描いては妄想を脹らましていました。

そして、私は65歳を待たずして退職し、長年夢見てきた明日の出社を気にせずに夜更かしが出来、報告書の提出期限に煩わされることもなく、上司への年度目標未達成の最もらしい言い訳を考えなくてもいい、まるで天国のような生活に突入したのです。退職して最初の約1年間は、失業給付を受けるためのハローワーク通いや、サラリーマン時代には全く無頓着だった年金や健康保険といった社会保障、税金などについての理解のために多くの時間を費やしていました。

2年目以降からはようやく趣味だった自転車での遠出や、庭弄りに没頭出来るようになりました。しかしそうした生活も2年もするとマンネリ化してしまい、なにか満たされないものを感じるようになりました。退職前には考えもしなかった緊急事態です。そこで私はこの先の人生を如何にすれば充実したものに出来るかを考え、1つの結論に至りました。

現役時代にはこのような虚しさを感じることがなかったことに、この問題を解決するためのヒントがありました。確かに会社で仕事をしていた時分は、日々ストレスに晒されてはいましたが、虚しさといったような感覚に襲われるようなことはありませんでした。むしろ頻度こそ多くはありませんでしたが、時として達成感を覚えるようなことも記憶には残っています。

ストレスは人生に多少必要

そこで私が考えたことは、このストレスこそが充実した人生を送るためのエッセンスとして必要であり、心地よい日常を送るためには多少のストレスが不可欠なのだと結論したのです。そしてそのことを立証するために、私は日々の生活の中に目標を1つ設けてそれを実行することにしました。

その目標というのは、1ヶ月に1万円を稼ぐというものです。私は既に現役を退いており、老後のお金がないわけではないですが再就職するというものではなく、在宅で出来て過度の付加にならず、ようやく獲得した穏やかな日常生活を破綻してしまわないような方法を模索し、クラウドソーシングという方法に辿り着きました。

スタートした当初は月に数千円を稼ぐのが精一杯でしたが、半年もすると序々に1万円の目標に届くようになりました。大した額ではありませんが。目標を達成することに意味があり、そこで感じられるストレスが何とも心地よく、さらなる高見を目指す励みとなり、この感覚こそが充実感に繋がるのです。ダラダラと老後を過ごすのではなく、何か毎日の生活の中に目的意識を持ち、それを達成するためにはなすかと思っています。